LINE経由でDigima内に作成された顧客情報の管理

    LINE公式アカウントに登録されているLINE友だちは、DigimaとLINE公式アカウント連携時にDigima内に新しく顧客情報が作成されます。

    顧客情報が作成されることで、Digima(顧客情報プロフィール画面)からのメッセージの送信が可能になります。一通でもメッセージの送受信が発生すると、DigimaLINEチャット画面からもメッセージの送受信や履歴の確認が可能になります。

    LINE友だちの顧客情報が作成/更新されるタイミングを知っておきましょう。

    LINE公式アカウント連携設定完了時の顧客情報の自動作成

    • Digima顧客情報の「名」の欄にLINE友だちのユーザー名が記入されます。
    • 「作成方法」は、「LINE友だち」が選択されます。
    • ブロックされているLINE友だちの顧客情報は、LINE公式アカウントからDigimaに取り込まれません。

    LINE友だち追加時の自動作成

    Digimaと連携しているLINE公式アカウントが、LINE友だちに追加されると自動で顧客情報が作成されます。

    • Digima顧客情報の「名」の欄にLINEユーザー名が記入されます。
    • 「作成方法」は、「LINE友だち」が選択されます。
    • 「直近顧客行動タイプ」は「LINE友だち」が選択されます。
    • 「直近顧客行動日時」は、LINE友だち登録によって顧客情報が作成された日時が登録されます。

     

    フォーム取込みによる顧客情報の自動更新

    LINE友だち追加によって作成された新規顧客の場合

          フォーム取り込みを利用して、LINE友だちから作成された顧客情報の内容をアップデートできます。

    1. 自動作成されたLINE友だちの顧客情報、メールやQRコードから追加されたLINE友だちの顧客情報には、基本的な情報しか入力されていません。
    2. LINEメッセージで送信した、Digimaのトラッキングコードを埋め込んだウェブサイト(HP)のリンクをLINE友だちがクリックすると、LINE友だちのcookie情報を取得します。
    3. cookie情報がDigimaの顧客情報に紐づけされると、LINE友だちがどのページを、どのくらいの間、閲覧していたかを確認できるようになります。
    4. 既にDigima内にcookie情報が蓄積されているLINE友だちが、Digimaと連携している問い合わせフォームから問い合わせを行うと、問い合わせデータ(メールアドレスや電話番号etc)は同じcookie情報を持つ顧客に上書きされます。

     

    既にDigima内に顧客情報が作成されているエンドユーザーが、LINE公式アカウントの友だち追加をした場合

    この場合でも、別途新しく顧客情報が作成されます。

    この段階で登録されている顧客情報は下記の二つです。 (AとBは同一人物です。)

    A:既存顧客情報

    B:LINE公式アカウントの友だちから作成された顧客情報

    Bの顧客が、Digimaと連携している問い合わせフォームから、作成方法が「LINE友だち」の顧客が問い合わせを行うと、同じ問い合わせデータ(メールアドレス、携帯電話番号)を持つ既存顧客情報に上書きされます。

    ⇒Bの顧客情報は更新されず、Aに上書き(更新)される

     

    Digimaに関する"?"にお答えします。

    Digimaサポート窓口 平日10:00~12:00/13:00~17:00

    お問い合わせ