セールスオートメーションを確認・編集する

     

    作成したセールスオートメーションを確認する

    作成したセールスオートメーションは一覧より、いつでも確認することが可能です。

    ____________25_____.png

    • 有効化:現在 動作中のセールスオートメーションであることを示しています。
    • 下書き:一度も有効化されていない作成中のセールスオートメーションであることを示しています。
    • 無効:一度以上、有効化が行われたことがあるセールスオートメーションですが、現在は動作していないことを示しています。

    セールスオートメーションの詳細を確認することができます。以下の情報をタブ別に確認することができます。以下の画面はセールスオートメーションが有効/無効の場合に表示されます。下書きの段階では表示されません。_____.png

     

    概要を確認する

    作成したセールスオートメーションの「合計登録顧客数、アクティブな顧客数、停止された顧客数、送信されたメールのパフォーマンス」を確認することができます。__________.png

    送信されたメールの詳細を確認する

    セールスオートメーションで送信されたメールは一斉メール一覧画面から確認が可能です。セールスオートメーションの概要画面でメールの件名をクリックし、一斉メールレポート画面に移動します。__________2.png

    セールスオートメーションで送信したメール履歴は、一斉メール一覧に記録されます。セールスオートメーションで送信したメールは「セールスオートメーションで送信済み」と表示されます。

    __________2020-09-09_11.26.53.png

    • 1つのセールスオートメーション内で複数のメールアクションを設定した場合、アクションごとにメール履歴が作成されます。
    • セールスオートメーションで、同じメールが複数回送信された場合、直近連絡日時は最新メール送信日時に更新されます。
    • セールスオートメーションに追加された顧客情報宛てに再アクションした場合、過去に送信したメール履歴の送信件数は更新されます。

     

     登録条件を確認・編集する

    登録条件タブでは、セールスオートメーションに登録されている顧客情報を一覧で確認できます。また、条件を変更すれば、登録されている顧客情報を変更することが可能です。

    SA__1_____.png

    NOTE: セールスオートメーションを有効化すると、登録条件を満たす顧客情報にむけてアクションを実行します。 

    アクションを確認・編集する

    アクションタブでは、セールスオートメーションの登録内容を確認・編集することが可能です。

    SA__2_____.png

    アクションを追加する

    「+」ボタンをクリックし必要なアクションを追加します

    SA_______9_____.png

     

    メールを編集する

    」をクリックしメールを編集します

    SA_______8_____2.png

    時間間隔を編集する

    」をクリックし時間間隔を編集します

    SA_______6_____.png

     

    CAUTION: 時間間隔を編集した際、編集前に待機中に追加されていた顧客情報については、編集する前の時間間隔が適用されます。時間間隔を削除した場合も同様です。

     

    メールステータスごとの顧客情報を閲覧する

    メール送信アクションから「到達」「開封」「クリック」の顧客情報一覧を閲覧することが可能です。

    1. 「到達」「開封」「クリック」表示から閲覧したい項目をクリックします。SA_______1_____.png
    2. 一覧が表示されますSA_______2_____.png

    待機中の顧客情報を閲覧する

    時間間隔を追加のアクションにて、待機中の顧客情報一覧を閲覧することが可能です。

    1. 待機中のお客情報が表示されている箇所をクリックしますSA_______5_____.png
    2. 一覧が表示されますSA_______7_____.png

     

    設定したメール送信アクションを削除した場合でも、一斉メール一覧から履歴が消えることはありません。

    また、メール送信アクションを編集した場合、一斉メール一覧の履歴は更新されます。

     

    NOTE:時間間隔について

    アクションが実行された顧客情報には、時間間隔の編集は無効です。編集前の時間間隔が引き継がれます。 

    停止条件を確認・編集する

    停止条件タブでは、登録されている顧客情報から停止する条件の確認・編集が可能です。

    SA__3_____.png

    TIPS: 登録された顧客情報が停止条件を満たした場合、セールスオートメーションから停止されます。停止された顧客情報は、停止前に登録されていたセールスオートメーションに戻すことはできません。

    TIPS: セールスオートメーションを実行中の顧客情報がゴミ箱に移動された場合、その顧客情報に対してセールスオートメーションが停止します。

     実行日を確認・編集する

    実行日タブではセールスオートメーションを実行する曜日と日時の確認・編集が可能です。アクションが深夜に実行されることがないよう、ワークフローごとにアクションが実行される曜日と時間帯を予め設定します。

    SA__4_____.png

    セールスオートメーションを無効化する

    実行中のセールスオートメーションを無効化にすると、無効化にした時点以降のアクションが停止します。

    __________2020-08-19_13.16.02.png 

    無効化したセールスオートメーションを再び有効化した場合、停止したアクションから再開します。時間間隔に関しても同様に反映されます。

    Digimaに関する"?"にお答えします。

    Digimaサポート窓口 平日10:00~12:00/13:00~17:00

    お問い合わせ