顧客情報のエクスポート

    権限について 

    顧客情報のエクスポートを使用する権限は、以下の通りです。

    《権限について》
    顧客情報のエクスポート
    オーナー アドミン マネージャー ユーザー
    × ×

       

    NOTE: 一覧画面の表の左にあるチェックボックスにチェックを入れると、表示されているすべての顧客情報に一括でチェックをつけることができます。

     

    エクスポートを実行する

    顧客情報を選択してエクスポートします。

    01.SelectingCustomers.png

    1. Digimaの画面で顧客情報一覧からエクスポートしたい顧客をチェックし、エクスポートを押します。
    2. 「顧客情報をエクスポートする」とういうメッセージが表示されるので、『確認』を押します。
    3. エクスポートリクエスト完了画面が表示されます。 

    エクスポートファイルをダウンロードする

    実行したエクスポートファイルをダウンロードします。

    04.HistoryOfExport.png

    1. 右上のメニューから、エクスポート履歴を選択します。
    2. 自分のエクスポートしたファイルのステータスが『完了』になっていることを確認します。※ステータスが処理中の場合、少し待ってから右端の『アクション』で画面更新してください。
    3. 右の『ファイルをダウンロード』を押して、ダウンロードを行います。

    NOTE: エクスポートが完了すると通知メールが届きます。メール内からもダウンロードが可能です。

    ダウンロードしたファイルを解凍する

    ダウンロードしたファイルをPC上で開きます。

    07.FileDownload.png

    1. 左下にDLされたフォルダが出ます。もしくはPCのダウンロードフォルダの中に入っています。※お使いの環境や設定によって異なります。
    2. ダブルクリックで解凍されます。※お使いの環境や設定によって異なります。
    3. デスクトップへコピーします。

    ファイルをメモ帳で開く

    ダウンロードしたファイルは文字コードがUTF-8で出力されます。UTF-8のままではファイル内が文字化けしてしまうため、文字コードを変換します。以下、いずれかの方法でメモ帳を開いてください。

    【ファイルをメモ帳へドラッグする方法】

    対象のファイルをメモ帳へドラッグして開きます。

    10-1.DragToMemopad.png

     【プログラムから開くやり方】

    対象のファイルで右クリックをして、プログラムから開く→メモ帳を選択します。

    10-2.OpenMemopadFromProgram.png

    1. メモ帳が開かれます。
    2. ファイルから「名前を付けて保存」を押して、何もいじらず保存ボタンを押します。
    3. 上書き保存します。
    4. エクスポートファイルを開くと、文字化けせずに内容を確認できます。

    Digimaに関する"?"にお答えします。

    お探しの回答が見つからない場合は、こちらからお問い合わせください。

    お問い合わせ