セールスオートメーションの作成(停止条件を設定)

     

    停止条件を設定する

    「特定の条件を基に顧客情報を停止する」項目のチェックオンにします。(こちらの設定は任意です。)停止設定をすることで、登録条件で選択した顧客情報の中から、停止条件に当てはまる顧客情報をセールスオートメーションから外すことが可能です。______.jpg

    NOTE: 停止条件について一度でも停止条件に該当した顧客情報は、再び登録条件に当てはまった場合でも、元のセールスオートメーションで動作することはありません。反対に一度でも登録条件に該当した顧客情報は、「停止条件に該当しない限り」アクション終了まで存在し続けます。

     

    1. フィルターにて停止したい条件を設定します。SA__2_____.png
    2. 停止したい条件を設定後、「停止条件の更新」ボタンをクリックします。SA__3_____.png
    3. 「次へ」ボタンをクリックします。SA__4_____.png

       

      NOTE: 顧客情報をゴミ箱に入れた場合も、セールスオートメーションから外れます。また、再度ゴミ箱から取り出したとしてもセールスオートメーションには戻りません。

    セールスオートメーションのアクションを実行する期間の設定はこちらの記事を参照ください。

    Digimaに関する"?"にお答えします。

    Digimaサポート窓口 平日10:00~12:00/13:00~17:00

    お問い合わせ