AppleのiOS15以降がメール開封に与える影響に関して

    Appleによる「メールプライバシー保護」を含む新しいiOS15のプライバシー機能の提供が開始されました。この機能は、プライバシー保護の観点からは歓迎される機能ですが、Appleのメール機能を送信先としたメールの開封が正確に計測できなくなることで、Digimaを問わず、メールを用いた営業活動に影響を与える恐れがあります。

    開封計測への影響

    iOS15以降、Appleのメール機能の更新を適用したユーザーについては、IPアドレスや位置情報が隠されるため、送信者側で把握できる開封状況に以下の影響がございます。

    • メールの開封時刻が不正確になる
    • 送信先のメール開封状況に関わらず、開封済みとして計測される

    IOS15_.png

    メールサービスの影響範囲においても、Digima問わず世界中のメールサービスが影響を受ける状況でございます。なお、あくまでAppleのメール機能への影響であるため、GmailやOutlookなどAppleのメール機能以外が送信先である場合については、開封計測に影響はありませんのでご安心ください。

     

    今後につきまして

    開封の指標を引き続き使用することはできますが、不正確な情報となるため、営業活動において重要視するのは効果的ではないと言えます。今後は、より信頼性の高いメール内に含まれるURLのクリックや返信が焦点を当てていただく有効な情報として挙げられます。

    他にも弊社では、ミッションに良縁を掲げており、返信がきやすいメールなどのご支援の経験もございます。他にもDigimaにおきましては、メールに限らず、SMS、コール、ウェブのフォーム連携の機能もありますので、よりエンゲージメントの高い施策のご支援の準備がございます。

    今回のAppleの仕様変更でメールの開封計測が行えなくなることで、ユーザーの皆様におかれましてはご不安に感じられることもあるかと思います。iOS15における変更についてご不安に感じられることがございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください

    Digimaに関する"?"にお答えします。

    Digimaサポート窓口 平日10:00~12:00/13:00~17:00

    お問い合わせ