メール取込み機能とは

    メール取込み機能とは

    メール取込み機能とは、お問い合わせのあった媒体からのメール本文に記載されてある個人情報をもとに、Digimaで顧客情報を自動で新規作成する機能です。

    • 手作業で顧客情報を登録する手間が省けます
    • 全てのお問い合わせをDigimaで管理できます
    • ウェブフォームの注文をする必要がなくなり、Digima導入初期コストを削減できます

     about_lead_acquisition_04_20200310_02.png

     

    CAUTION: メール取込み機能をオンにした時点で費用が発生します。

    NOTE: メール取込み機能から顧客情報作成された場合は、クッキーIDを保存できません。

    メール取込み機能の特徴

    メール取込み機能は、媒体からのお問い合わせのメールを受信すると、関連したアカウントに顧客情報を自動で追加 / 更新します。

    Digimaに登録される個人情報は下記の通りです。

    • メールアドレス
    • 個人固定電話番号
    • 個人携帯電話番号
    • 自宅郵便番号
    • 自宅住所1

    CAUTION: 上記以外の項目が入力されていても、その情報はDigimaに反映されません。

      

     

    実際のメールからDigimaへ

    実際にお問い合わせのメール取込みについて説明します。

    1.区切り記号が「:(全角コロン)」で、姓・名・メールアドレスが入力されている場合

    _.png

     2.区切り記号が「【】(スミツキカッコ)」で姓・名・メールアドレスが入力されている場合

    _.png

    権限について

    受信ボックスの追加/編集/削除できる権限は、以下の通りです。

    《権限について》
    インポート
    オーナー アドミン マネージャー ユーザー
    ×

    Digimaに関する"?"にお答えします。

    お探しの回答が見つからない場合は、こちらからお問い合わせください。

    お問い合わせ