コールとは

    Digimaは、以下の方法で電話を発信することができます。

    • ブラウザから電話を発信する
    • 連携したアプリケーション(Call Digima)から電話を発信する

    NOTE:電話終了後に、録音が残ります。電話終了後に、電話結果を記録できます。

     

    Digimaでは、発信元電話番号を以下の3つの方法から選択できます。

     

    NOTE:手動コールは、顧客に対して実際には発信されません。Digima以外から電話を行った際に、Digima上に履歴として残したいという場合に活用できます(折り返しの電話を受けた場合など)

    CAUTION: 電話をかける際には事前に、発信先である顧客情報が登録されている必要があります。顧客情報の登録に関してはこちら

    コールアクティビティ

    ダッシュボードからブラウザコール、Call Digima、手動コールの合計コール数・本人通話率が確認できます。

    __________2019-11-05_13.34.21.png

    表示期間: Digimaアカウント契約日から現在まで ※現状では、表示期間の変更はできません。

    コールパフォーマンスの確認権限
    オーナー アドミン マネージャー ユーザー
    ○※

    ※ユーザー権限は自分のコールパフォーマンスと、アカウント全体のコールパフォーマンスのみ確認できます。

    TIPS: 本人通話率とは、本人通話が設定されているコール結果を保存した割合です。

     条件別確認方法

    • ログインしているユーザーのコール数を確認

    マイダッシュボードのコールパフォーマンスを確認します。

    • アカウント全体のコール数を確認

    アカウントダッシュボードのコールパフォーマンスを確認します。

    • 特定のユーザーのコール数を確認(マネージャー権限以上の権限が必要です)

    マイダッシュボードの表記の右隣にある下矢印をクリックし、表示したいユーザー名を選択してください。

    __________2019-11-05_13.53.17.png

    Digimaに関する"?"にお答えします。

    お探しの回答が見つからない場合は、こちらからお問い合わせください。

    お問い合わせ