顧客情報のインポート手順

    作成した顧客情報のCSVファイルをインポートする手順を説明しています。 

    顧客情報のインポート画面

    顧客情報一覧から「顧客情報をインポート」を選択してください。作成したCSVファイルをアップロードする画面が表示されます。

    ① CSVファイルをドラッグ・アンド・ドロップすると、ファイルがアップロードされます。アップロード時に問題があれば、エラーメッセージが表示されます。

    ②「ファイルを選択」をクリックして、CSVファイルを選択してください。ファイルがアップロードされます。

    既存の顧客情報をアップデートする:このオプションを選択して、インポートを行うと条件に当てはまる顧客情報がアップデートされます。

    顧客情報をグループに追加する:インポートした顧客情報を選択した顧客グループに追加することができます。

    顧客情報をコールキャンペーンに追加する:インポートした顧客情報を選択したコールキャンペーンに追加することができます。

    会社設定:インポートする全ての情報に、選択した会社に関連付けます。

    ⑦ 顧客ステータスを設定する:インポートする全ての情報に、選択した顧客ステータスを設定します。

    ⑧ 担当者設定:インポートする全ての情報に、選択した担当者に割り当てます。

     

    NOTE: CSVファイルに「person_in_charge(担当者eメールアドレス)」「status(顧客ステータス)」が入力されていても、インポート時に優先されるのは⑦顧客ステータスを設定する/⑧担当者設定にて選択した設定です。

     

    顧客情報のインポート手順

    1. インポート画面の①または②より、CSVファイルをアップロードしてください。
    2. 「アップロートに成功しました」の表示が確認できましたら、インポートオプションを設定してください。
      • [既存の顧客情報をどのように処理しますか?]の設定

      既存の顧客情報をアップデートする

      インポートするファイルにおいて、既存の顧客情報が含まれているのかを3つの条件から確認します。

      ①メールアドレス(email): 既にDigima上に存在するメールアドレスがインポートするファイルに含まれていた場合、顧客情報が更新されます。

      ②顧客情報のUID(contact_uid):顧客情報をエクスポートすると、ファイル内に12文字の顧客情報のUID(contact_uid)が記載されています。顧客情報のUIDを含んでいるCSVファイルをインポートすると、その顧客情報を特定し、情報を更新します。③重複している顧客情報(重複した顧客情報として扱われる条件はこちら

      • [インポートした顧客情報をどのように処理しますか?]の設定

      ④~⑧の内容に合わせてインポートと同時に行いたい処理を行ってください。

    3. 「顧客情報をインポート」をクリックしてください。インポートが開始されます。

     

    インポートレポート

    右上のアイコンから「インポートレポート」をクリックすると、インポート結果を確認できます。

    詳細はこちら

    inpo-to_kekka.png

    インポート結果の確認

    インポートレポートにおいて、アクションにある更新のアイコンをクリックすると結果が更新されます。

    inport_result.png

     

    インポートが完了すると、以下のメールが配信されます。

    res2.PNG

     

     

     

    Digimaに関する"?"にお答えします。

    お探しの回答が見つからない場合は、こちらからお問い合わせください。

    お問い合わせ