メール開封のトラッキングがうまく行われない場合

    メール開封のトラッキングを行う設定にした場合、メール内に視認できない小さな画像が埋め込まれ、受信者側でメールが表示され画像が読み込まれたタイミングで開封の通知が行われます。

    ただし何らかの理由で、送信したメールの開封トラッキングがうまく行われないことがございます。

    メール開封のトラッキングについて詳しくはこちらから。

     

    想定されるケースとして以下がございます。

     

    メールが未開封にもかかわらずDigima上で「開封」扱いとなる

    • メールのプレビュー機能を使用している
    • 受信サーバで画像の読み込みを自動で行う設定にしている
    • 受信サーバでスパムフィルターをかけている
    • 受信サーバでセキュリティソフトを利用している

    上記の場合、受信時に自動でメール内の画像の読み込みを行うため、メールの開封をしていない状態でも画像が読み込まれたタイミングで開封扱いとなることがございます。

     

    メールが開封されたにもかかわらずDigima上で「開封」扱いとならない

    • メールがプレーンテキスト形式で閲覧されている
    • 受信サーバでHTML電子メールの画像の読み込みを行わない設定にしている

    上記の場合、メール内の画像の読み込みが行われないため、受信側でメールを開封していても開封扱いとならないことがございます。

     

    Digima上でメールの開封通知が大量にくる

    • プレビュー機能でメールを閲覧している
    • Digimaから送信したメールが転送されている
    • Digimaから送信したメールが複製して送信されている

    メールが複数人に閲覧されることで画像の読み込みが何回も行われるため、複数回の開封通知が行くことがございます。

     

    Digimaに関する"?"にお答えします。

    Digimaサポート窓口 平日10:00~12:00/13:00~17:00

    お問い合わせ