Call Digima で 通話

    Call Digima にログイン

    1. Android端末上の「Call Digima」のアイコンをタップしてくださいCallDigima___11.png
    2. Call Digimaのログイン画面が表示されます。             CallDigima___10.png
    3. Digimaにログインする際に使用しているメールアドレスとパスワードを入力してください。CallDigima___12.png
    4. 「ログイン」をクリックし、下記の画面になっていればログインは完了です。__________2_____.png

     

    CAUTION: Call Digimaログイン時、「このデータへのアクセスには認証が必要です」と表示された場合、そのユーザーはDigimaでCall Digimaの契約追加をされていません。アドミン以上の権限の方に契約追加を依頼してください。

    Call Digimaで通話する(ブラウザ上の操作)

    Call Digimaで通話するためには、ブラウザ上で発信の操作をする必要があります。ブラウザ上で発信の操作をするときには、スマートフォンはスリープ状態が解除されている必要があります。

      1. 上部のメニューから「顧客情報」を選択します。CallDigima___14.png
      2. 顧客情報一覧から電話をかけたい顧客情報を選択します。CallDigima___14______.png
      3. 「コール」のタブを選択します。CallDigima___1_____.png
      4. 「発信先電話番号」を選択します。CallDigima___1_____4.png
      5. 「発信元電話番号」から「Call Digima」を選択します。CallDigima___1_____2.png
      6. 「顧客にコール」をクリックします。CallDigima___1_____3.png
      7. android端末上で「Call Digimaでコールするには、Call Digimaモバイルアプリで「コール開始」ボタンをクリックする必要があります。」というメッセージが表示されます。ブラウザ上の発信にあたっての準備は完了です。CallDigima___2.png

    NOTE: 録音するために、録音ボタンはONのままで顧客にコールしてください。録音ボタンをOFFにすると録音されません。

     

    NOTE: メッセージ上には、コールをキャンセル ボタンがあり、コールをキャンセル をクリックすると、コールをキャンセルすることが可能です。

     

    Call Digimaで通話する(スマートフォン上の操作) 

    1. ブラウザ上で発信した後、下記の赤枠内のボタンをタップすることでCall Digimaで通話することができます。__________2_____.png
    2. コールが開始します。                                  CallDigima___13.png
    3. コールが始まったら、メッセージが自動で消え、ブラウザ上で、コールバーが表示されます。CallDigima___13.gif
    4. 終話時には、android端末上の[終話ボタン]をタップします。               CallDigima___13_____.png
    5. PCブラウザ上でも、終話の赤いボタンをクリックし、通話を終了します。CallDigima___3_____.png

    CAUTION: ブラウザ上で終話をしていなければ、コール結果の保存を行うことはできません。

    NOTE: Call Digima利用時の発信番号は携帯電話番号が通知されます。発信が開始します。「顧客にコール」ボタンをクリックしてから1分たっても、Call Digimaにコール開始ボタンがクリックされない場合、次のメッセージが表示されます。「Call Digimaモバイルアプリの「コール開始」ボタンを押さなかったため、開始されたコールはキャンセルされました。」

     

    NOTE: 端末のスリープ設定を変更する方法はこちら

    コール結果を保存する(PC画面) 

    通話を終了すると、「コール結果を保存する」画面が表示されます。予め作成しておいたコール結果を選択し、記録を残すことができます。

    1. 「コール結果を保存」「コール結果オプション」「日時を選択する」「顧客ステータスを選択する」「メモ」の欄が表示されます。それぞれコールの状況に合わせて入力してください。
    2. 「コール結果を保存」をクリックし、完了です。
    • コール結果を保存する:予め作成していたコール結果を選択し設定できます(コール結果についてはこちら
    • コール結果オプション:コール結果によっては、再コール / コール制限 (再コール/コール制限についてはこちら)を設定することができます。それぞれの日時の設定できます。
    • 日時を選択する:コール結果オプションで再コール/コール制限いずれかを選択した場合に設定します。日付はカレンダー形式で選択できます。時間は5分単位で設定できます。
    • メモ:自由入力のメモを残すことができます。

    CAUTION: コール結果の保存は必須です。

     通話の録音について

    通話が終了すると、通話の録音がDigima上にアップロードされ保存されます。


    保存された通話の録音は、顧客情報詳細画面のタイムラインのコールのアクティビティか、コール履歴のアクションからコール閲覧をし表示されるコール詳細で、再生することができます。録音の削除もできます。

    CAUTION: 録音がアップロードされ保存されるには、スマートフォンがWifi接続していることが必要です。「顧客にコール」実施時に、録音ボタンがOFFになっていると録音されません。録音ボタンがONの状態でコールしてください。

    CallDigima通話についての注意事項

    CallDigimaで通話する時には、以下にご注意の上、実施してください。

     

    コールの終了時

    コールを終了する時には、必ず以下の順序で終了して下さい。

    1. スマートフォンでコールを終了する。
    2. PCブラウザでコールを終了する。

    スマートフォン、PCブラウザ両方で切断する必要があります。

    コールのキャンセル時

    PCブラウザから「顧客にコール」をクリックしてコールを開始したあと、PCブラウザ上の終話の赤いボタンをクリックして、コールをキャンセルした場合には、スマートフォンでコールが開始していないことを確認してください。

    PCブラウザでコールをキャンセルしても、タイミングによって、スマートフォンでコールが開始してしまうことがあります。

    スマートフォンでコールが開始してしまっていたら、スマートフォン上でコールを終了させてください。

    TIPS: CallDigimaでお困りの時にはこちらを参照してください。

    Digimaに関する"?"にお答えします。

    お探しの回答が見つからない場合は、こちらからお問い合わせください。

    お問い合わせ