手動コールとは

    手動コールとは

    コール履歴のみを残します。ビジネスフォンでの発信で電話を行った時など、Digimaを通して電話を行わなかった場合に活用できます。Digimaを通してコールを行いませんが、コール結果などをタイムラインアクティビティやコール履歴に残すことが可能です。

    1. Digima画面上部のメニューから「顧客情報」を選択します。
    2. 顧客情報一覧から電話をかけたい顧客情報を選択します。
    3. 顧客情報画面の「コール」のタブを選択します。
    4. 「発信先電話番号」を選択します。
    5. 「発信元電話番号」から「手動コール」を選択します。
    6. 「顧客にコール」を選択します。
    7. コール中は実際にはPCブラウザから発信はされていませんが、画面の下の表示はコール中に切り替わります。
    8. 終話の赤いボタンをクリックし、通話を終了します。

      ___.gif

    コール結果を保存する

    通話を終了すると、「コール結果を保存する」画面が表示されます。予め作成しておいたコール結果を選択し、記録を残すことができます。

    1. コール結果を保存する / 日時設定欄 / メモ の欄が表示されます。それぞれコールの状況に合わせて入力してください。
    2. 「保存」をクリックし、完了です。

    1.png

    • コール結果を保存する:予め作成していたコール結果を選択し設定できます(コール結果のリンクを記載)
    • 日時設定欄:コール結果によっては、再コール / コール保留 (それぞれの説明をしているリンクを記載)を設定することができます。それぞれの日時の設定できます。
    • メモ:自由入力のメモを残すことができます。

    CAUTION: コール結果の保存は必須です。

    Digimaに関する"?"にお答えします。

    お探しの回答が見つからない場合は、こちらからお問い合わせください。

    お問い合わせ