CSVファイルの作成

    インポートしたいデータをCSVファイルとして作成する必要があります。ここではインポートを始めるための準備を説明していきます。

    CSV形式で保存されたファイルを「CSVファイル」と呼びます。。Digimaのような、アプリケーションにおいてデータをやり取りする際に使われます。CSVファイルは、Excelで開いて編集することができます。

     

    1. CSVファイルのサンプルをダウンロードしてください。

      以下ページの「サンプルファイルをダウンロード」からファイルをダウンロードします。

      顧客情報のサンプルファイル

      会社のサンプルファイル

      禁止リストのサンプルファイル

    2. CSVファイルのサンプルを開き、項目を確認してください。Digima上に存在している項目が1行目に表示されています。項目のコード一覧表はこちら

      Digimaに用意されていない項目は、カスタム項目を作成することによってインポートできます。

      カスタム項目の追加、編集を行いたい場合は こちら

    3. 項目に合わせて、データを入力してください。
    4. 入力が完了しましたら、CSVファイルとして、データを保存してください。
    5. 保存したCSVファイルを右クリックし、「プログラムから開く」より、メモ帳を選択してください。
    6. 作成したCSVファイルがメモ帳で表示されているかを確認してください。
    7. ファイルから「名前を付けて保存」を選択してください。
    8. 「UTF-8」を選択して保存してください。保存が完了しましたら、ファイルは完成です。

    Digimaに関する"?"にお答えします。

    お探しの回答が見つからない場合は、こちらからお問い合わせください。

    お問い合わせ