Digimaの初期設定 ※テレオールワンからDigimaを使用されるお客様向け

    このページは、テレオールワンからDigimaを初めて使用されるお客様向けの記事になります。

     

    事前準備:ChromeからDigimaにアクセスする

    Digimaの動作環境として、GoogleのChromeをご利用いただく必要があります。

    Chromeをインストールしていない場合は、こちらからインストールをお願いします。

    CAUTION: Chromeのインストールにはパソコンが最小のシステム要件を満たしている必要があります。

    Chromeインストールにおけるシステム要件はこちら

      

    STEP1:パスワードの設定

    管理者がユーザーアカウントを作成すると、Digimaからメールが送信されます。

    Digimaにログインする為のパスワードを設定してください。

     参考記事:ユーザーアカウントを有効にする 

     

    STEP2:Digimaへのログイン

    NOTE:Digimaのログイン画面はこちらからアクセスできます。

        ログイン画面をブックマークしておくと、今後のログインが簡単になります。

    メールアドレスと設定したパスワードでDigimaへログインできます。

    パスワードを忘れた場合は、ログイン画面から編集できます。

     参考記事:ログイン方法

     参考記事:パスワードの変更・再発行

     

    STEP3:ユーザーアカウントの作成

    Digimaを操作するユーザーアカウントを作成します。

    ユーザーアカウントには「権限」があり、設定する権限によって操作できる内容が異なります。 

    ユーザー追加は1アカウントにつき100ユーザーまで無料です。(101ユーザー以上はお問い合わせください)

     参考記事:ユーザーを追加・編集する | ユーザーを追加

     参考記事:権限別ユーザー操作制限

     

    STEP4:ステータスの設定

    顧客の状態を表すステータスを作成します。

    今までテレオールワンで使用していたステータスをDigimaで使用できるように設定します。

     参考記事:顧客ステータスを追加・編集する

     

    STEP5:カスタム項目の作成

    Digimaの基本項目(名前や住所等)以外で、使用したい項目をカスタム項目として作成できます。

    テレオールワンからのデータを引き継ぐに当たり、以下のような項目が必要です。

    レコード番号     →[項目タイプ]テキスト

    最終コールオペレータID  →[項目タイプ]テキスト

    メモ1      →[項目タイプ]テキスト or ロングテキスト

    メモ2      →[項目タイプ]テキスト or ロングテキスト

    メモ3      →[項目タイプ]ロングテキスト

    最終コール日時 →[項目タイプ]テキスト

    最終再コール日時   →[項目タイプ]テキスト

    ユーザーデータ    →[項目タイプ]テキスト

    ユーザー数値データ   →[項目タイプ]テキスト or 数値 

    ユーザー日付データ   →[項目タイプ]テキスト or 日付

       ※日付を使用する場合、yyyy-mm-dd形式に加工する必要があります

     参考記事:カスタム項目を追加・編集する

    NOTE: 共通チェック内容は、コール結果に設定してください。

    コール結果の設定画面にはこちらから直接アクセスできます。

       参考記事:コール結果とは

     

    STEP6:顧客リストのインポート

    これまで管理していた顧客リストをDigimaに取り込みます。

    1. テレオールワンサポートより案内した作業手順で、Digimaに取り込むデータを出力する。

    2. 出力したデータをDigimaに取り込むためのデータ加工を行う

      (1). Digimaに取り込まないデータ列を削除します。

      (2). ファイル1行目の見出しを整える。

       インポート時CSVファイルの1行目とDigimaに登録されている項目が一致しているか確認します。

       以下の記事を確認し、CSVファイルの1行目を該当する項目の「日本語名称」に揃えてください。

        例)名前1→姓 等

         参考記事:Digimaで使用している項目名一覧

    NOTE: Digimaと一致した項目名にしないとインポートができません。

      (3). データ加工

       ①. ファイル1行目の見出しとデータにズレがないか確認ください。

         → もしデータにズレがあったら、適切な列に修正してください。

       ②. データを日付として取り込みたい場合は、「yyyy-mm-dd形式」に加工する必要があります。

      EXCELで以下関数の「対象セル」を「該当する列」に変更し、一番下の行まで適用ください。

    =if(対象セル="","",text(対象セル,yyyy-mm-dd"))

    例)最終コール日時(前)→ 最終コール日時

            2020/1/1      → 2020-01-01

            2020/2/2      → 2020-02-02

            ・・・・・ 

    3. Digimaに顧客情報をインポートする

     インポートするファイル単位に顧客グループを作成できます。

     必ず顧客グループを作成してインポートしてください。

      参考記事:顧客情報のインポート手順

     

    STEP7:ブラウザ電話の設定

    Digimaの電話の設定をすることで、登録した顧客にPCから電話をかけることができます。

    電話の事前設定として、電話番号の追加とヘッドセットの設定を行います。

     参考記事:電話番号を追加する

     参考記事:USBヘッドセットの設定 | 再生・録音デバイス

    NOTE: 共通チェック内容は、コール結果に設定してください。

    コール結果の設定画面にはこちらから直接アクセスできます。

       参考記事:コール結果とは

     

    STEP8:Call Digmaの設定

    Call Digimaの設定をすることで、登録した顧客にスマートフォンから電話をかけることができます。

    使用にあたり、機能の申込と使用したいユーザーアカウントの有効化が完了している必要があります。

     参考記事:アカウントの有効化(パスワード設定)

     参考記事:Call Digimaの設定

    Digimaに関する"?"にお答えします。

    お探しの回答が見つからない場合は、こちらからお問い合わせください。

    お問い合わせ